FC2ブログ

senのこつこつ

レジン作家として活動するsenのブログです。

7歳でデビューした作家活動に密着

_IGP3097リサイズ


こんにちは

5月4日(木)にてしごとマーチという
ハンドメイドイベントで作家デビューを
果たしたわが娘のはなちゃん。


先日の彼女の作家活動の第一歩を
詳しく解説していこうと思います。


第二弾の今回は
「ディスプレイを考える」
「声掛けの力」
「はなちゃん強みを学ぶ」
の3本立てです。



「ディスプレイを考える」

お店の印象を大きく左右するのがディスプレイ
ですよね。残念ながら私はディスプレイの才能が
乏しく、彼女にいいアドバイスができないのです。
なので丸投げしました。


すると、彼女はデコえんぴつをコップに入れる。
というディスプレイを考えついたのでした。


「どうしてこの飾り方にしたの?」
と聞くと。

「だって、持つときはえんぴつ縦でしょ?」
と言うわけです。




確かに・・・・・・




実際に持った時のイメージをしやすい
ディスプレイはありだよなーー。




わが娘ながらよく考えていて、感心したのですが、
じぶんのこだわりや、特徴を一目でわかって
もらえるアイテムが必要だと思って、
小道具でアシストしてみました。


わたしが作ったものは、

○自己紹介代わりの看板
○こだわりである材料の説明
○完成までの経過がわかる簡単なボード


こういうものを作っておくと、
お客様の方から質問してくれたり、
説明するときのヒントになったりするので
おススメです。実際、わたしも出店するときは
こういう小道具をよく使っています(^^)


看板に本当は「7歳の店長」と書こうかと
思ったのですが、お客さんとの
コミュニケーションツールになると思って
あえて書きませんでした。


実際、「何歳?(^^)」と
よく質問されていました。


「七歳です。」とキリっと答える度に、
お客様からこぼれる笑顔が私をほっこり
させてくれました(^^)






「声掛けの力」

出店している時、とてもセンスが問われると
思うのが声掛けです。
わたしはディプレイよりも大事だと思っています。



お客様に心地よい買い物をしてもらうために
あるのが声掛けだと思っているので、
邪魔になるようなことを言わないように、
そして、過剰な煽りをしないように気を付けています。



で、そういう大事なことをわたしは娘に
全くレクチャーせずに本番を迎えたわけですが、
彼女がしたことはけっこう凄かった。



「いらっしゃいませーーーーー!!!」



っと、なかなか大きな声を出していたのです。
振り向いてもらえるまでずっと連呼していました。
正直、センスはないのですが、なんというか
子供独特の率直さというか、まっすぐさに
胸を打たれました。

_IGP3149リサイズ

お客さんがいようが、いまいが
はなちゃんは声掛けを止めません。
まっすぐ前を向いて大きな声で
「いらっしゃいませーー」を繰り返します。
ちょっとマッチ売りの少女のような
切なさもありました。


それでも、まっすぐ前を向いています。
なんだか勇気をもらいました。


自分が母だからなのかな?と思っていたのですが、
子供の声に気が付いてお客さんが来てくれるわけです。
出店者の作家さんも来てくれるのです。


優しさの和ができていました。


声掛けはテクニックも大事だけど、
それだけじゃないな。とじみじみ思いました。
結局、はなちゃんの大きないらっしゃいませは、
開催中、ずっと会場に響き渡っていました。
現場にいた方、きっと聞こえたと思います。
緊張の中、はなちゃんはじぶんのできることを
一生懸命やりました。
わたしはそれが嬉しかったな。
(まぁ、センスはないけどね(^^;))






「はなちゃん、自分の強みを学ぶ」


18199335_869439779861870_3125133274891663505_n.jpg


小さな女の子の作家としての第一歩に
協力してくれるこころ優しいお客様が多かったおかげで
はなちゃんのお店は大繁盛でした。

お金の計算も、商品を袋にいれる作業も
なかなか効率よくできていて、袋をとめるための
マスキングテープなんて、あらかじめ切って
用意している有様でした。


ですが、とても大切なことがはなちゃんは
できていませんでした。


それは感謝です。


はなちゃんは、商品を渡す時に
片手でお客様に渡していました。
感謝のない商売はつまらない。
というか、感謝のないコミュニケーションは
わびしい。


わたしは、はなちゃんに言いました。


「あなたはよく頑張っている。
お客さんはそんな貴方を応援する気持ちで
フラワークラフトのお客さんになってくれている。

なのに、商品を片手で渡すなんて
それはお客さんの気持ちに応えていないんじゃないかな?」


感謝を教えるのは難しいです。
相手への気持ちを理解しないとできません。
なので、少し厳しいですが、
はなちゃんの商品がいいから買ってるんじゃない。
あなたを応援するつもりで買ってくれてるんだ。
と、伝えたわけです。



もう、イベントも終盤と言う時になって
そんなことを言われて、はなちゃんは
少し落ち込みましたが、その後は両手で渡すように
なり、笑顔でありがとうをいうようになっていました。



その笑顔をみて、さらにお客さんが来てくれて
なんと完売商品もでました。



どうも、はなちゃんは笑顔が人を呼ぶことを
学んだようです。そして、笑顔は感謝から
生まれることを学んで・・・・は、いないでしょうね(^^;)
それは、もっと経験を積まないとね。


なんにせよ、母の厳しい言葉を受け止めた
だけでも、凄いと思いました。



さて、いよいよ明日はこども店長の最終回。
はなちゃんは一体いくら稼いだのでしょうか?
そして、そのお金をどうしたのか?


そんな話をしようと思います(^^)









senの出店情報



ブローチ展
日時:4/29~5/7
場所:modeee
〒770-0944 徳島県徳島市南昭和町4丁目56?4
TEL:088-679-7743
HP:https://www.modeee.com/
ハンドメイドブローチ、コサージュの展示、販売が
行われます。

18194022_864752913663890_150001342061179523_n.jpg




さて、インスタ上で毎日アップしている「着物ねこ」のつぶやき。
今日はこんなことをつぶやいていました。

170507.png


このブログでも着物ねこのつぶやきを一日1つぶやき
紹介していますが、インスタしている方はこちらで
一気に見ることができます。
よかったら覗いてみて下さいね(^^)


ポチったら見えるよ↓
インスタ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
他のレジン作家さんが大集結しています。
ポチして見てみてね(^^)


レジンアートsenのフェイスブック
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment