FC2ブログ

senのこつこつ

レジン作家として活動するsenのブログです。

5分の分かれ目

こんにちは


senです(^^)


最近、自分を見直すチャンスに
恵まれたので、ちょろっと書き下ろして
みようと思います。


ぶっちゃげ過ぎなので
気分悪かったら読むの止めて下さいね。


実は私、時給850円のパートを
しているのですが、そのパート先で
目から鱗な出来事がありました。


17時定時に終わることができる
それが今の仕事の最大の魅力です。


先輩方は、その魅力を存分に活用し、
17時には


「お疲れ様ー!」


と、颯爽と職場を離れます。


私も16時55分頃にはウキウキ気分で
帰宅前にトイレに行ったりしていました。


で、あるパート仲間に


「もう帰れるねーーー(^^)」


と、ニコニコしながら告げると



「まだ 終わってないよ」



と言われたのです。


そうです。

17時までが仕事の時間です。
そんな当たり前のことを
私はできていなかったのです。


ちょっと、自分でビックリです。
定時の意味を分かってなかった私。
流されていた私。


私より3つ下の彼女は時給750円。


彼女は誰も見てなくても、
他の人より時給が安くても、
周りが定時前に帰っていても、
自分なりの定時の意味を理解し、
自分のモラルを守っていたのです。



当たり前のことができてなかった
恥ずかしさよりも
彼女をかっこいいと感じる強さの方が
勝っていました。


次の日から、私が職場を離れるのは
17時5分になりました。


17時まで仕事に没頭します。
すると、今まで気付かなかったことができる
ようになりました。


それは下準備。


きめ細やかな掃除や予習が
できるようになりました。
すると少し心に余裕が出てきました。


みんなが17時に帰っていても
なにも気になりません。


全て自分に返ってきていると
思えるからです。


パート仲間が伝えてくれた
「まだ終わってないよ」の一言は
私を少し大人にしてくれました。


定時まできっちり働くことが
素晴らしいとはいいませんが、
少なくとも、定時まできっちり
働く人は信用力が違う。


私にとって時給750円の彼女は
職場で信用できる人です。
そして刺激をくれる人です。


たいして好きな職場でもなかったの
ですが、彼女のおかげでやっと
好きになってきました。


何気ない一言であっても
信念のある言葉は
人を変えてしまう力があることも
知ることができました。


何気ない日常に色んなヒントが
あるものなんですね。
毎日楽しいです(^^)


今日はレジン関連の話題では
なかったのですが、きっとこの
自分の変化は作家としても
活きていく予感があるのです。


と、いうことで長文に
お付き合いいただきありがとう
ございました。



3月22日(火)
ワークショップの情報はこちら→



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ

見たよ~のポチっともらえると
励みになります



レジンアートsenのフェイスブック

















スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment